クリスマスカード

f:id:totyo8822:20181211224235j:image

夜な夜な作成中

 

おじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントします!

 

喜んでくれるかなあわ(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ

施設訪問コンサートの準備をしています

あなたがもし介護が必要になったら、と想像したことはありますか?

わたしたちは事故にあうかもしれませんし、おじいちゃんおばあちゃんになったらだれかの助けが必要になるかもしれません。

 

一方、私たちの多くは、好きなことを選んで楽しむことができます。例えば、好きなアーティストの音楽を聞いたり、ライブを観に行ったり、楽しい時間を自分でつくることができる。

しかし、もし介護が必要になったら、生活が制約され、人間関係は家族や介護職員にかぎられてしまうこともあります。介護現場の職員は利用者の生活をもっと豊かにしたいという思いを抱いていますが、人材不足等の理由で業務が忙しく実現できないことが多いそう。

こうなると、当たり前にできていたはずの“自分らしく楽しく生きる”ことがなかなか難しくなってしまいます。

 

だったら簡単に出かけられないおじいちゃん、おばあちゃんのとこに音楽を届けに行けばいい!

 

みなさん、心待ちにしているそうです

 

私もこの活動を通して、貴重な体験をたくさんさせてもらっています

 

子どもたちにも音楽を通して、自分の技術や存在が家族以外の誰かのために喜んでもらえることに繋がっていると感じてもらいたいです

 

f:id:totyo8822:20181211004916j:image

新しい楽器

 

じゃ〜ん!!

 

f:id:totyo8822:20181206125406j:image

ハンドベルです!

 

施設訪問コンサートで披露します.+*:゚+。.☆

 

練習があまり負担になりそうにない子たちに声をかけてグループを結成いたしました!

 

私も初体験の楽器

 

楽しみます〜(⸝⸝›_‹⸝⸝)

音楽ありのランチパーティ

今年は倉敷国際ホテルにて♪

f:id:totyo8822:20181206122237j:image

まずは豪華なお食事をいただきます

 

同じテーブルには演奏者の先生方が同席されていました

 

チェロの中島先生とパーカッションの川相先生

 

年に一度お会いして、演奏を聴かせていただいています

 

思えば私の音楽が広がった原点はこのランチパーティ.+*:゚+。.☆

 

りか先生の演奏を初めて聴いたのもこの会でした

(りか先生には来年の11/17の発表会の方にも参加していただくことが決まっています!)

 

こちらはピアノ男子の演奏

「ピアノとお友だち」とよく聞きますが、こんな感じのことかな?と(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ

いつだって音楽は楽しむことが出来るもの

きっと大きくなった時こそ心から楽しめるんだと思います

 

こちらは先生方

音楽が踊ってました・*:..。o♬*゚・*

 

打楽器を巧みに操ってます!

 

生徒のみんなが打楽器に興味がありそうなので、何か楽しい会ができないかと頭で構成中…

 

 

とまぁ、私がいい!と思ったものはすぐに教室に持ち帰っています笑

 

もちろんピアノを習いに来てくれているんだけど、音楽を楽しむことを考えたら、ソロでピアノを弾くだけではないのかな…と思っています

 

そんな考えはこのパーティから来たのかも⁈

 

と、こちらのパーティの主催されているピアノの先生がバイタリティに溢れているわけなんです

 

決して楽ではない練習

 

だけどその先にはきっと楽しむことが無限大にありますよ

 

お腹も心も満たされた〜꒰◍ᐡᐤᐡ◍꒱

発表会用ファイル

発表会を振り返ってもらう時間をとっています

 

・自分の演奏は何点でしたか?

・誰の曲がよかったですか?

・次に弾きたい曲はありますか?

 

などの項目を用意し、子どもたちに書いてもらっています

 

ファイルには楽譜や振り返りを書いたもの、お手伝いの書類などそれぞれ色んなものが入っています

 

誰でも見ることができるようにしていますので、どうぞ見てあげてください.+*:゚+。.☆

1週間のお休みを経て...

発表会後のレッスン

 

子どもたちからは

 

発表会楽しかった!

 

という声がたくさん(⸝⸝›_‹⸝⸝)

 

舞台を経て成長した生徒たちの姿は私にとって1番の喜びです♡

 

そして今回は内容が盛りだくさんでしたね

 

1番たくさん出演した子は舞台に上がった数が6回にも( ᵒ̴̶̷̤໐ᵒ̴̶̷̤ )

 

舞台や人前に立つのが楽しい!

 

と感じている子は自己表現が得意な子が多いです

 

ですが恥ずかしがり屋の子、少し消極的な子はどうしても1歩下がってしまう

 

でもあえて自己表現を高めるためにどんどん前に出て欲しいです

 

たくさんの練習を積んで、自信をつけて、達成して、そんな頑張れた自分を好きになってほしい

 

そしてぜひお母さんもそう同じように感じていて欲しいです( ˘ᵕ˘ )

 

それから今回心から感じたことは、私の想いを理解していただいているお母さん方への感謝です

 

「先生が本当に大変そうだったから、発表会のお手伝い何でもしますよ!」と何人も声をかけていただきました

 

また、予定時間を大きく上回った為、ラストの講師演奏をカットしましたが「先生の演奏が聴けなくて本当に残念!長くなってたことすら気づきませんでしたよ!」とこちらも何人も言っていただき...

 

ただただ感謝しかありません(´•ω•̥`)

 

みなさんに大切にされている教室だと実感いたしました

 

来年は節目の発表会15回目を迎えます

 

みなさんにとってさらにより良い発表会になるように気が早いですがもうすでに案を練っております笑

 

あっという間に15回目

 

心はあの頃のまんま

 

問題は体力ですかね笑

曲の感想

f:id:totyo8822:20181128224217j:image

みなさまからの感想をまとめました(。˃ ᵕ ˂ )ƅ

 

読み進めていく生徒の嬉しそうな顔

 

誰かに褒められたり、励まされたり

 

デジタルな時代だからこそ、手書きが温かい♡